TEL

根管治療

根管治療とは

根管治療とは

虫歯が悪化すると、細菌は歯の根にまで感染していきます。そうなると根管治療を行うよりほかありません。根管治療とは、歯の根にあるわずか数mmの細いトンネルのような場所の神経と血管を除去し、内部を洗浄して殺菌・消毒するという、高度な技術が求められる治療です。

ここで注意したいのが、せっかく根管治療を行っても歯の根の先の先までしっかり洗浄・殺菌・消毒を行わなければ、後になって不具合が生じ再治療が必要になることがあるということ。根管治療を行うには、わずかな細菌でも残してはならないのです。

根管治療の流れ

1. 根管の測定
神経を取り、根管の長さを測定します。

2. 根管内部の清掃
細菌に感染した神経や血管を除去。根管内部を入念に洗浄します。

3. 殺菌消毒
洗浄後の根管内部を、薬剤を使って殺菌・消毒します。

4. 根管充填
歯の根の先まで薬剤を充填します。その後、病巣ができないように隙間なく封鎖します。

5. 土台づくり
コアと呼ばれる土台をつくり、歯を補強します。コアには、金属とファイバーポストがございます。

6. 被せもの装着
被せものを被せて根管治療が完了します。

ラバーダムの使用について

当院では、患者様の歯の状態により、ラバーダム使用の有無を決めております。

重度の虫歯と口臭の関わり

虫歯が重度になればなるほど口臭は悪化します。日頃から虫歯を予防し、口臭の元(細菌の繁殖)をつくらないようにしましょう。