TEL

矯正歯科

矯正歯科とは

矯正歯科とは

出っ歯や八重歯、すきっ歯、受け口など、乱れた歯ならびを正しい歯列に導く治療を行うのが矯正歯科です。歯ならびの乱れは単に見た目の問題だけではなく、健康面でも悪影響を与えます。ですから、ひと昔前はかわいらしいといわれた八重歯なども、最近ではきちんと治療される方が増えています。

悪い歯ならびが引き起こす悪影響

悪い歯ならびが引き起こす悪影響

悪い歯ならびは、コンプレックスになるという心理的な影響のほかに、咬み合わせがずれることにより顎がずれ、頭痛や肩こり、腰痛までも引き起こします。

また、悪い歯ならびを放っておくと、歯が重なり合ったところなどに歯ブラシがうまく届かず、虫歯や歯周病の原因となります。咬み合わせが悪いためにしっかり咀嚼できず、消化器官に負担をかけることもあるのです。

悪い歯ならび(不正咬合)の種類

出っ歯/上顎前突

出っ歯/上顎前突

上の歯や顎が下顎よりも前に出ている状態

受け口/下顎前突

受け口/下顎前突

下の歯や顎が上顎よりも前に出ている状態

上下顎前突

上下顎前突

上下の歯や顎が前に出ている状態

すきっ歯

すきっ歯

歯と歯の間に隙間ができている状態

叢生(そうせい)/乱杭歯

叢生(そうせい)/乱杭歯

歯と歯が重なったり、方向が乱れたりしている状態

開咬

開咬

咬み合わせた時に上下の歯が咬み合わず、隙間がある状態

過蓋咬合

過蓋咬合

咬み合わせた時に上の歯が下の歯に大きく被っている状態

交叉咬合

交叉咬合

咬み合わせた時に上下の歯が左右にずれている状態

小児矯正と成人矯正の違いについて

矯正治療というと、子どもが行うものと思っている方もいらっしゃるでしょう。しかし、大人の方でも子どもと同様な矯正治療が可能です。子どもには子どもの、大人には大人のメリットがあり、そのメリットは顎の骨に影響しています。

顎の骨がメリット・デメリットを分ける

顎の骨がメリット・デメリットを分ける

子どもの顎はまだ成長過程にあり、永久歯が正しい位置に生えてくるような治療を行いながら顎の骨の成長を促します。そのため、生えてくる永久歯がすべてならぶスペースを確保でき、抜歯の可能性が低くなります。

一方、大人は顎の成長が完成しているため、歯を一列にならべるためのスペースをつくるためにやむを得ず抜歯をすることがあります。稀に、顎の骨格を整える外科手術をしなくてはならないケースもあります。

しかし、デメリットばかりではありません。大人の場合、顎の成長を見越した計画を立てる必要がないため治療計画を立てやすく、自らの意思で治療を受けているので計画通りに治療が進むことがほとんどです。成人したからといってあきらめることなく、お気軽にご相談ください。