TEL

当院のインプラント治療

遊佐歯科医院のインプラント治療

遊佐歯科医院のインプラント治療

インプラント治療とは、失った歯を補綴する治療のひとつで、現在その需要が大変高まっています。従来は、入れ歯やブリッジを使って歯の機能を回復させていましたが、それらの方法は痛い、外れる、手入れが面倒、かたいものが咬めない、健康な歯を傷付けるなど、マイナス面が多くあります。それに対しインプラント治療は、人工歯根(インプラント)を直接顎の骨と結合するため外れることはなく、かたいものもしっかりと咬めます。まるで自分の歯がよみがえったように快適です。

当院のインプラントシステム

インプラントメーカーは何社もありますが、当院ではZimmer社のインプラントシステムを採用しております。独自のハイドロキシアパタイトコーティングを施しているため、インプラントと顎の骨がしっかりと結合するという特徴があります。また、即時インプラントや顎の骨がやせている場合にも適しています。

安全なインプラント治療を目指して

当院では、患者様に安心してインプラント治療を受けていただけるよう、安全面には十分配慮しております。CTスキャンや3DX-CTを使用し、入念な検査・診断を行っております。またそれらのデータを活用してサージカルガイドを作成し、高度なインプラント治療を行っております。

CTスキャン、3DX-CTについて

CTとは、コンピューターでのデータ処理を行い、断層写真を得られる断層撮影装置のことです。

従来のレントゲンは平面での情報しか得られませんでしたが、CTでは3次元で情報が映し出せます。正確な情報を必要とするインプラント治療には欠かせない装置です。

当院では大学病院とタイアップして、CT撮影を依頼しております。照射時間が短く、最小限の放射線量で撮影を行える、安全性に優れたCT撮影装置です。

サージカルガイドについて

サージカルガイドとは、インプラントを埋入する穴の位置に導くためのガイドです。精度の高いインプラント手術が実現します。

クリーンルームの使用

クリーンルームの使用

当院では、衛生面に配慮しオペ専用の「クリーンルーム」を設けております。こちらの診療室には、「クリーンエリアプラス」を設置しており、清潔で安全な手術室をスイッチひとつで瞬間的に作り出します。インプラントや歯周病治療等、手術を行うための安心・安全な治療空間を提供します。

インプラント症例

インプラント症例その1

術後1 術後2
術後1 術後2

第二小臼歯の 1 歯欠損の患者様の症例です。インプラントが定着した後に上部構造を付けました。天然の歯と比べても違いが分かりません。隣の歯を削らずに治療でき、自分の歯と同じように使えます。矢印部分がインプラント治療部です。

インプラント症例その2

術前 術後
術前 術後

重度の歯周病で、下顎大臼歯は欠損、上顎第一大臼歯がグラグラとなり落ちてきてしまったため、噛み合わせのバランスまで崩れていました。歯周病の治療後、インプラント治療を行い、正常な噛み合わせと引き締まった歯茎を取り戻しました。

  • (1) 歯周病で歯肉に強い炎症があります。
  • (2) 上顎の歯が落ちてきています。
  • (3) インプラントです。

インプラント症例その3

術前 術後
術前 術後

上顎犬歯1歯欠損の患者様の症例です。この場合、治療の選択肢として、

  • 1.義歯
  • 2.ブリッジ
  • 3.インプラント

があげられます。義歯の場合前歯に義歯のクラスプ(バネ)がかかり、審美的に問題が生じます。ブリッジの場合、前後の歯の被せ物を外す必要性があります。インプラントは、外科処置を伴いますが、前後の歯を削ることなく、見た目も天然の歯と区別がつきません。矢印部分がインプラント治療部です。