TEL

義歯・入れ歯

当院の入れ歯治療について

当院の入れ歯治療について

当院では快適な入れ歯づくりを目指し、入れ歯治療に力を入れております。

入れ歯には保険診療のものと、保険適用外の自費診療のものがあります。当院では、保険診療・自費診療に関係なく、「より咬み心地のよい入れ歯」「今の入れ歯よりよい入れ歯」をおつくりしております。

当院の院長は補綴学を専攻しており、義歯治療を得意としております。入れ歯でお困りの方は、是非一度ご相談にいらしてください。

入れ歯のタイプ ~自費診療・保険診療~

自費診療の入れ歯

保険適用外のため費用がかかりますが、使う素材を自由に選択できます。そのため、見た目も咬み心地も優れた、患者様のご要望にぴったりの入れ歯をつくることができます。

保険診療の入れ歯

素材として歯科用プラスチックの「レジン」が使われます。厚みがあり、食べものの温度や味覚を感じにくいこともありますが、必ずしも自費診療の入れ歯に劣るとはいいきれません。保険適用のため費用も最低限に抑えられるというメリットもあります。当院では保険診療でもしっかりとした入れ歯をおつくりいたします。

当院でおすすめする入れ歯

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

残存している歯根に強力な磁石を取り付け、磁力で固定する入れ歯です。従来のように金属のバネで引っ掛けて固定する入れ歯ではないため、見た目が自然です。金属を使わないため、アレルギーをお持ちの方でも安心です。

コーヌスクローネデンチャー

コーヌスクローネデンチャー

被せものと入れ歯が一体となった入れ歯です。ぴったりフィットし、外れにくいつくりになっています。咬む力が均一に分散されるため、1箇所に負担がかかることがありません。

コンフォート

コンフォート

総入れ歯の裏側に白い生体用シリコンを貼り付ける加工技術です。生体用シリコンがクッションとなるため強く噛みしめても痛みはなく、天然歯に違い咬合圧を手に入れることができます。今お使いの入れ歯にお悩みの方にもお勧めしております。

金属床義歯

金属床義歯

上顎の内側にあたる部分がゴールドやコバルト、チタンなどの金属製の入れ歯です。強度があるためレジンでつくる入れ歯より薄くつくることができ、お口の中での違和感が少ないのがメリットです。熱伝導率に優れ、おいしく食事を楽しめます。

入れ歯症例

入れ歯症例その1

術前 術後5年
術前1 術後1
術前2 術後2

全顎的な審美障害を主訴に来院された患者さまの症例です。一般的な歯科治療(歯の神経の治療、歯周病の治療)終了後、上顎はセラミック、下顎はコーヌス義歯(バネのない義歯)で治療しました。写真は、術後5年経過時のものです。セルフケアと定期検診でのクリーニングを継続されています。

アタッチメント義歯症例

アタッチメント義歯症例

アタッチメント義歯症例

アタッチメント義歯症例

アタッチメント義歯症例

アタッチメント義歯症例

アタッチメント義歯症例