TEL

虫歯治療

虫歯について

虫歯の進行と治療法について

C0~初期の虫歯

C0~初期の虫歯

歯の表面のかたいエナメル質が溶けはじめ、白濁が始まります。まだ自覚症状はありません。この段階であれば、適切なブラッシングやフッ素塗布などの予防処置で改善できます。

C1~エナメル質
(歯の表面)の虫歯

C1~エナメル質(歯の表面)の虫歯

まだ痛みはなく、エナメル質が溶けた状態です。歯のツヤがなくなり茶色っぽい部分(象牙質)があらわれます。虫歯部分を削り、レジンという歯科用プラスチックを詰めて処置します。

C2~象牙質
(エナメル質の内側)の虫歯

C2~象牙質(エナメル質の内側)の虫歯

神経が通っている象牙質に虫歯が達し、甘いもの・冷たいものがしみたり、痛んだりします。処置としては虫歯部分を削り、詰めものをします。場合によっては型採りをします。

C3~神経に達する虫歯

C3~神経に達する虫歯

大きく穴があき、咬んだときはもちろん、何もしなくても激しく痛みます。根管治療をし、被せものをして処置します。

C4~歯根の虫歯

C4~歯根の虫歯

根から上の歯がほとんどない状態です。神経が壊死し、痛みはなくなります。炎症が進行し、膿みが溜まりますと、再び痛むこともあります。抜歯をし、インプラント入れ歯、ブリッジなどの治療が必要になります。

虫歯と口臭の関係

虫歯は口臭を引き起こすことがあります。虫歯菌が繁殖することにより、口臭が発生するのです。

>口臭治療に関してはこちら

虫歯の検査方法について

虫歯は治療すれば歯の機能を回復できますが、穴があいた歯や削り取った歯は二度と再生することはありません。最近では、完全に元に戻らないことから、虫歯を治療するより虫歯になる前に予防することのほうが重視されています。

当院でもその考えに基づき、多岐にわたる虫歯検査方法をご用意し、虫歯のリスクを回避していくよう努めております。

ダイアグノデント

レーザーによる虫歯診断装置です。特定の波長のパルスライトで歯の組織の異変を読み取り、虫歯の進行具合を数値化。正確な虫歯の検査が可能になります。

だ液検査(サリバテスト)

だ液を使って虫歯のなりやすさや、なりにくさの判定検査を行います。

虫歯治療について

レーザーを使った虫歯治療

レーザーを使った虫歯治療

当院では通常の虫歯治療のほかに、初期段階であればEr:YAGレーザーというレーザー治療を採用することもあります。Er:YAGレーザーは、歯科用レーザーの中で歯を削ることが唯一認可されたレーザーです。麻酔しなくてもよいほど痛みが少なく、また、歯を削るときのキーンという音がありません。