TEL

小児歯科

院内の様子

歯医者を怖がるお子様は少なくありません。ですが、実際に歯医者は決して怖いところではありません。病気になってしまったお口の健康を回復し、その良好な状態を維持するサポートを行うところです。また、お子様はまだ一人で十分なお口のケアができません。そのため、歯医者はお口の病気を予防するところでもあるのです。


当院では、お子様自身にもそのことをしっかりご理解いただいてから診療を開始しています。一方的に治療を開始することは決してありません。時には、歯医者に慣れていただくためにブラッシング指導やフッ素塗布などの予防処置だけでその日の診療を終えることもあります(もちろん、激しい痛みがある場合は即座に応急処置を行います)。お子様の立場に立ち、わかりやすい説明を心がけますので、わからないことなどがありましたら、親御さんも遠慮なくおたずねください。

虫歯リスク確認の重要性

お子様の歯(乳歯)は虫歯になりやすく、またいったんなったら進行も早いのが特徴です。小さい頃から虫歯リスクを確認して、定期的にお口の健康管理に努めましょう。

院内の様子

  • 0~3歳まで
  • 4~12歳

視診・虫歯検査

子どもに慣れた医師がお子様の立場に立ってお悩みをお伺いします。どんな小さなことでもお話しください。
ご希望があれば唾液検査も行っています。
唾液検査をすることで、虫歯のリスクを事前に知ることができますので、今後の治療計画が立てやすく、お子様にもわかりやすくお伝えできます。

虫歯診断・ブラッシング指導

治療の前に、普段のセルフケア方法を確認します。磨き残しなどをチェックしたうえで、磨き残しがちな箇所を考慮して適切なブラッシング方法を指導します。

ブラッシング指導(2回目)・フロス指導・磨き残しチェックブラッシング指導(2回目)・フロス指導・磨き残しチェック

その後が大事!!

定期健診

お口の健康を回復したら、その状態を維持することが重要です。定期的(4ヶ月に一度程度)に歯医者に通いましょう。
遊佐歯科では、お子様一人一人の状態に合わせた予防プログラムをつくり、それに添って来院いただいています。

遊佐歯科での0~3歳までの治療は通常その時期はあまり虫歯になる時期ではないので、基本予防処置、将来的に歯医者に恐怖感を持たれないよう心がけています。
またお口をキレイにすると気持ちいいということを知ってもらえるような治療を目指しています。

初診 視診・虫歯検査

子どもに慣れた医師がお子様の立場に立ってお悩みをお伺いします。どんな小さなことでもお話しください。
ご希望があれば唾液検査も行っています。
唾液検査をすることで、虫歯のリスクを事前に知ることができますので、今後の治療計画が立てやすく、お子様にもわかりやすくお伝えできます。

虫歯診断・ブラッシング指導(1回目)

治療の前に、普段のセルフケア方法を確認します。磨き残しなどをチェックしたうえで、磨き残しがちな箇所を考慮して適切なブラッシング方法を指導します。

ブラッシング指導(2回目)・フロス指導・磨き残しチェックブラッシング指導(2回目)・フロス指導・磨き残しチェック

その後が大事!!

ブラッシング指導(2回目)・フロス指導・磨き残しチェック

定期健診

お口の健康を回復したら、その状態を維持することが重要です。定期的(4ヶ月に一度程度)に歯医者に通いましょう。
遊佐歯科では、お子様一人一人の状態に合わせた予防プログラムをつくり、それに添って来院いただいています。

4歳~12歳は、虫歯が多くなる時期なので、しっかり治療をすることと、その後の予防がいかに重要か伝えていきたい時期と考えています。

フッ素塗布とシーラント

「フッ素塗布」とは

フッ素を歯の表面に塗布することで、エナメル質が虫歯菌の出す酸に強い歯にします。
また、初期の虫歯の再石灰化も促進します。

「フッ素塗布」とは

シーラントとは、お子様の六歳臼歯の溝を歯科用プラスチックでふさぐ治療法です。 六歳臼歯は永久歯が正しく生えてくるかどうかを決める重要な歯であると同時に、歯ブラシが届きにくく虫歯になりやすい歯です。
あらかじめ溝をプラスチックでふさいでおくことで虫歯を予防します。
※六歳臼歯とは……
乳歯列の最後方に生える、最初の永久歯。6歳ごろに生えるため、六歳臼歯と呼ばれます。

がんばったお子様には・・・

当院では、がんばって治療をやり遂げたお子様や定期健診でむし歯がなかったお子様には、ごほうびとしておもちゃをプレゼントしています。
スタッフ一同、少しでもお子様が歯医者さんに親しみを持ってもらえるよう心がけております。